【長時間移動の方必見】身体のだるさを軽減させましょう

長時間移動時のガジェット旅行
Photo by Nicholas Punter on Unsplash

身体ダルさってのはどこからくるのさ Sagasoon.

それは、そう、完全に

血行不良でしょ

椅子にずっと座りっぱなしっていうのは、やはり疲れます。
足も長時間ずっと同じ位置に置いておくのは、そうとうきます。
サービスエリア等で、体操でもしないと、足腰やられますよねえ。。

新幹線で、一番後ろの席を予約して、リクライニングをMAX下げて横になったところで、やはり足は疲れますもの。

首枕

疲れるといえば、まずは首。
文明の利器じゃないですが、そうとう発展してきているわりには、バスでも飛行機でも、首を疲れさせない仕組みってのはついてない。
簡単そうで簡単じゃないんでしょうねえ。百人十色の首の形状、身長体育の差。

首が疲れると、眠いのに寝れないとか、元気なくなったり、イライラも。
旅先で遊びたいのに疲れて遊べない。
そんな損なことをしたくないので、たとえば首枕をカバンに入れるのも手ですよねえ。

私の場合は、首よりも足です。
腿から足首にかけて、「こんなに足って重かったんだなー」と思うぐらいずっしり来ます。
新幹線で、それこそゆったり座ったとしても、足の重さを感じるんですよねえ。。

って、そんな時はこれかな。

金魚運動のゆらゆら感ではないですが、ある種、足のハンモック状態ですねえ。

まとめ

そんなガジェットを手に持ち、新幹線の指定席へ。
隣に座ったオジサンに凝視されると思いますが、胸を張って、いざ熟睡しましょう!

炭酸野郎

今日も何かを Sagasoonを運用してます。炭酸野郎です。
皆さんの「何か」が探せるべく、記事書いてます。
新卒で中堅SIerに就職→10年ちょいで退職→フリーランス→起業。副業としてのブログに目覚める(今ここ)。
時間作って、色々なことがやりたいお年頃です!

炭酸野郎をフォローする
旅行 生活
炭酸野郎をフォローする
SAGASOON

コメント

タイトルとURLをコピーしました