【お身体対策】室内でも危険がいっぱい。注意したい3つのこと。

安全第一健康
Photo by Troy Bridges on Unsplash

普段、サプリのお話などをさせていただいてますが、
こんな時期こそ、身体をいたわらないとと思ってます。
運動などをしなくなった身体は、室内でも危険なことになりかねません。

【花粉症】外から緩和させる?中から緩和?
【花粉症】外から緩和させる?中から緩和?
【新型コロナ対策】手洗い励行。手洗いは正義
新型コロナ対策。色々ありますが、手洗い励行が基本ですよね。手洗いは正義です。
【体調を整える】おなかの調子が崩れる人は新ビオフェルミンSをはじめよう
お腹の調子が悪い日って、本当、落ち着かないです。移動もいやですし、仕事してても落ち着かない。。 当の私もお腹が安定してないのですが、そんな私が最近始めたのはこれです。

身体の反応が悪くて危険になる場合
普段、やりなれないことをして危険になる場合

室内でも危険がいっぱいです。
注意したいポイントを3つに絞ってかかせてください。

  • 階段
  • お風呂
  • キッチン

階段を下りる時は座る

先日聞いた話では、高齢者の階段の事故による死傷者数は、交通事故の4倍だそうです。
私も今までに何回か階段から落ちてますが、まだ高齢者じゃない分、とっさの判断が出来てたんでしょう。
まだ生きてますのでね。
でも、外出量が減り、だんだん身体の瞬発性などが落ちていくと、万が一の時、思わぬ事故になります。

ですので、階段を使う場合は、下記のことをすると良いかもです。

  • 降りる時は、出来るだけ座る
  • 上る時・下りるる時、手すりを掴む
  • 出来るだけ荷物を持たない
  • 1段ずつ降りる(上る)
  • 「ながら」はやめる(電話しながら、考え事しながら)

寒い寒いのお風呂はダメ

お風呂の事故も相当多いです。
周りにいらっしゃいませんでしたか?お風呂で亡くなった方。
私の知ってる限り、お風呂掃除で滑って亡くなった方は数名います。
お風呂から出たところで倒れる方もいらっしゃいますよね。。。
寒さで血管が細くなって、血栓状態で倒れる方。

お風呂は危険がいっぱいなので、気を付けましょう。

  • 滑らないように、そっと歩く(すのこなどを敷くのもあり)
  • お風呂に入るときは、浴室や脱衣所を温めておく(湯舟の蓋をあけたり、シャワーを出したり)
  • お風呂から出るときは、急に出ない。少し浴室で休む(少し座る⇒少したったまま)
  • お風呂から出ての着替えは、厚着で。汗でたら下着を変える
  • 水分補給する

キッチンでの火には注意

「火」を扱う調理場にも注意です。
最近は、在宅の傾向もありますので、普段キッチンに入らない人も料理を始めたりしますよね。

普段、火を使わない人は、火の怖さが分からない人もいらっしゃいます。
ですので、何個か書いておきますね。

  • 火を付けたら、そこから動かない(洗濯する、TV見るなんかはダメ)
  • 燃えやすいエプロンなどは着ない(レースとかダメです。引火したら一瞬です)
  • 包丁は雑におかない。落とさないところに、しっかりおく
  • 小まめに手を洗いながら作業する
  • 髪の毛、唾、料理に入らないように

まとめ

外へ行けば行ったで、色々なリスクがありますが、室内だって相当リスキーです。
出来るだけ病院にはお世話にならないようにする、これが一番大事な時期です。
もちろん体調不良の場合は、しっかり治さないとですが。

皆さん、
外出を控えながら身体をいたわりつつ、安全に過ごしましょう。

炭酸野郎

今日も何かを Sagasoonを運用してます。炭酸野郎です。
皆さんの「何か」が探せるべく、記事書いてます。
新卒で中堅SIerに就職→10年ちょいで退職→フリーランス→起業。副業としてのブログに目覚める(今ここ)。
時間作って、色々なことがやりたいお年頃です!

炭酸野郎をフォローする
健康 安全 一般 生活
炭酸野郎をフォローする
SAGASOON

コメント

タイトルとURLをコピーしました