さがす作業を極力減らす

お眼鏡に叶う物を探すさがす
Photo by Rabie Madaci on Unsplash

探し出すコツを Sagasoon.

唐突ですが、
ここに1000人がおり

職業
地域
年齢

を各々持ってるとしましょう。

そして、実際にはこの人たちはこんな職業だったり年齢だったりします。

職業:全体の7割が先生
地域:6割が関東地方に住んでる
年齢:1割は三十歳以下

このとき、あなたは、どうやって下記の条件に合致した人たちをあぶり出しますか?

  • 職業が先生で、
  • 関東地方住みで
  • 30歳以下

1回につき、一人に1回の質問が出来るものとして考えてみましょう。

言われたとおりに

どーやってあぶり出すもなにも、1000人総当たりで一個ずつききますよと。
あなたは先生?
あなたは先生?
って、1000回やったあと、
そのなかで、「先生です」と答えてくれた人の中から、次はお住まいを聞けばいいやと。
先生と答えてくだすった方に、関東地方に住んでますか?ですよね。
そしてまた、関東地方って人には、年齢は30歳以下ですか?ってききますと。

まあ、一気に大声で「先生は左側にあつまれー。そして、それ以外は右!」って言ったら、終わりじゃないの?っていう答えはだめですからね。
あくまでも、一人に1問ずつを繰り返してねってことです。

何回質問することになる?

さて、今のあぶり出しですが、全員合わせて何回ぐらい質問することになります?

まず1000人に先生ですか?と聞くわけです。
全体の7割先生だったから、700人は「はい」という。
「はい」と言った700人に、関東地方住にんでまさか?とたずねる。
そのうち6割が関東地方にさ住んでるので、420人残る。
最後に、その420人に30歳以下か聞く。
1割が30歳以下だから、42人がのこる。

ということで、
合計、1000回+700回+420回 きいてます。

ぜぇぜぇ 言ってしまう人数ですねえ。。

めんどくさがり屋の場合

1000人に年齢を聞きます。30歳以下ですか?ってきく。1割が30歳以下なので、100人のこるはず。
その100人に関東地方住み?ってきく。6割が関東地方なので、だいたい60人がのこる。
60人に先生か?ってきく。

口の聞き方がわるいと廊下に立たされる。

って冗談はさておき、42人がのこる。

ということで、
合計、1000回+100回+60回。

大分楽できた

2120回から1160回まで落ちましたね!

質問する順番で、そーとー楽になりましたね。
早い話、人数を絞れる質問からすればあとが楽って話です。
一気に母体が減って、少ない人数に質問をすればいいだけですよね。

まとめ

いかがでしたか?
考え方を少しかえただけで、質問する数がへりました。
質問用紙に書き込む箇所もへりますし、
それを整理する作業もだいぶ減ります。

皆さんはエクセルなどを使うことありますか?
データ整理などで主に使う方は、こうゆう考え方を盛り込むだけで、だいぶエクセルが機敏に動くようになりますよ。
エクセルだってやってることは同じ。
とても絞れるものから絞ったら楽ってことですね。

炭酸野郎

今日も何かを Sagasoonを運用してます。炭酸野郎です。
皆さんの「何か」が探せるべく、記事書いてます。
新卒で中堅SIerに就職→10年ちょいで退職→フリーランス→起業。副業としてのブログに目覚める(今ここ)。
時間作って、色々なことがやりたいお年頃です!

炭酸野郎をフォローする
さがす アルゴリズム 探索 生活 IT
炭酸野郎をフォローする
SAGASOON

コメント

タイトルとURLをコピーしました