【WordPress複数サイト管理者必見】WordPressサイトを復元する方法

wordpress_storeCMS
Photo by Javier Garcia Chavez on Unsplash

WordPress管理方法を Sagasoon.

以前からちょくちょく記載するようになりました WordPressの管理のお話も、今日でもう何回目でしょうか。
前回はバックアップのお話をさせていただきました。
今日は、そのバックアップしたものを復元する方法を紹介します。

【WordPress複数サイト管理者必見】WordPressサイトを一気にバックアップする方法
WordPressでブログを運用している方、バックアップはしっかりされてますか?最低限、記事を投稿する頻度(毎日なら毎日)するほうがいいです。記事消えるのはすごく痛いですからね。ただ、サイトへわざわざいってバックアップするのは少し面倒ですよね。今回はコマンド一発でバックアップする方法尾を紹介します。cronなどで定期実行すれば何もしなくてもバックアップがされてる状態になりますよ。

尚、「復元する」という行為を「ストアする」と言ったりします。
この記事でも「ストア」っていう言い方する時があるかもですが、ご留意ください。

WordPress関連の記事
WordPressに纏わる記事一覧です。インストール・バックアップ、プラグインの紹介や作成、Javascriptのお話や、その他 WordPressサイトの管理方法。はたまたSEO対策まで記載しています。

前提条件

いつもの通り、wp-cli を使います。
インストールされていない方は、インストールしておいてください。

Command line interface for WordPress | WP-CLI

尚、今回も シェルを使いますので、SSHなどでbashが使えることが前提です。

復元する対象等

シェルで復元する対象は下記の通り。

  • wordpressサイトのDB全部

WordPress自体の復元は自動ではさせません。
危ないので。
これは、ご自身でZIPを解凍して上書きしたほうがいいです。

バックアップを復元する(ストアする)

早速、復元するシェルをシェルをご紹介します。

ソースにある下記の2つは個人の環境によって変更ください。

SITE_PATH=’<<>>’
BACKUP_FILE_NAME=<<>>’

SITE_PATHは、wordpressが格納されているディレクトリです。
このディレクトリで起動している wordpressに、BACKUP_FILE_NAME で指定されたDBの情報が復元されます。

※ものすごく注意※
復元対象のWordpressを間違えると、えらいことになります。稼働中の他のWordpressでしたら、そこの記事が・・・です。
ご自身が観ているサイトと、SITE_PATH が一致しているかどうか、そして、BACKUP_FILE_NAMEが復元するバックアップなのか、しっかり確認してから実施してください。
#!/bin/sh

# WP command
alias WP_COMMAND='/usr/local/php/7.3/bin/php ~/bin/wp'

#
#config
#
SITE_PATH='<<<>>>'
BACKUP_FILE_NAME="<<<>>>"

#
# backup wordpress site
#
cd $SITE_PATH
WP_COMMAND db import $BACKUP_FILE_NAME

シェルで記載するほどじゃないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これでバックアップと復元方法が確認できましたので、サイトの移動やサイト障害が発生しても、最悪なことは回避できそうですよね。

今後またお話いたしましたが、このバックアップファイルを、どこに置いておくか?というのも意識するといいです。
WordPressが稼働中な場所においておいたら、WordPressと一緒に事故に巻き込まれる場合だってありますから。

それではまた!


コメント

タイトルとURLをコピーしました