【WordPress投稿管理】WordPressの記事を自動的に投稿させる方法(画像編)

WordPress自動処理CMS
Photo by Javier Garcia Chavez on Unsplash

WordPressの記事を自動的に投稿させる方法を Sagasoon.

前回、記事を自動的に投稿するお話をいたしましたので、今回は画像(アイキャッチ)編です!

【WordPress投稿管理】WordPressの記事を自動的に投稿させる方法
WordPressの記事を自動的に作成し、自動的に記事投稿できるとしたら、あなたはどんなものを作りますか?今回は、自動的に記事投稿するすべをご紹介いたします。

実際のプログラム

何か特殊なことをするかというと、そんなことはないです。
IMG_PATHに、アップロードしたいイメージのファイルパスを指定するだけ。
尚、その時に、記事を投稿した際にもらえる記事の番号を一緒に指定します(POST_NO)。

#!/bin/sh
:
: 前回のソースそのままここに入る
:
CREATE=$(cd ${WP_DIR} && /usr/local/php/7.3/bin/php /home/user/bin/wp post create ${TEXT_FILE} --post_title="${TITLE}" --post_category=${CATEGORY} --user=${USER} --post_status=${STATUS} --post_name="${URL}" )
POST_NO=$(echo ${CREATE} | awk '{print substr($0, 23, 30)}' | sed -e 's/[^0-9]//g')

# ④アイキャッチ用の画像を登録
cd ${WP_DIR}
IMG_PATH=<<アップしたいイメージファイル>>
/usr/local/bin/php /home/user/bin/wp media import ${IMG_PATH} --post_id=${POST_NO} --featured_image

前回同様、phpのパスやwp-cliのパスなどは必要に応じて変更くださいね。

まとめ

IMG_PATHは何を指定したらいいのかしら?と思いました?
こうゆう時、色々なことを考えて応用すると楽しくなりますよ。

  • あらかじめサーバに10枚ぐらいイメージを置いておいて、順繰りに指定させる
  • phpなどで画像を自動的に作らせて、それを指定する
  • twitterにアップした画像をもらって投稿してしまう
  • google driveに保存してある画像を自動的にもってくる
  • 美術館やフリーの素材を公開しているサイトからAPI経由で画像をもってくる

なんか難しそうだなと思うかもしれませんが、いきなりは難しいですよね。
一番手っ取り早いのは1つ目でしょうか。
応用という感じで2個目もいいかもですね。
たとえば、壁紙的なベースの画像をサーバにおいておいて、phpからその画像を加工するみたいな感じです。
私がもしするのであれば、imagemagickを使いますね。
手ごろなので。

それでは今回はこの辺で!


炭酸野郎

今日も何かを Sagasoonを運用してます。炭酸野郎です。
皆さんの「何か」が探せるべく、記事書いてます。
新卒で中堅SIerに就職→10年ちょいで退職→フリーランス→起業。副業としてのブログに目覚める(今ここ)。
時間作って、色々なことがやりたいお年頃です!

炭酸野郎をフォローする
CMS wordpress wp-cli IT
炭酸野郎をフォローする
SAGASOON

コメント

タイトルとURLをコピーしました