【WordPressサイト管理者必見】WP-CLIの話を改めて(インストール編)

wp-cliCMS
Photo by Javier Garcia Chavez on Unsplash

WordPressメンテナンスに欠かせない WP-CLI の話を Sagasoon.

大分、WordPressの話題を続けて記載しておりましたが、 WP-CLI のお話をあまりしてきませんでした。

Command line interface for WordPress | WP-CLI

前回は、触りの話をさせていただきました。

【WordPressサイト管理者必見】WP-CLIの話を改めて
WordPressを管理する上で欠かせないツールといったら 、開口一番に出てくるのはwp-cliかもしれませんね。ブラウザで操作していた機能がコマンド一発で出来てしまうっていうんですから有難い話です。私のブログ、今まで WP-CLIのお話をあまりしてこなかったので、インストールを含め、背景的な話をさせていただきますね。

今回は、インストールをさせてくださいね。
尚、その他のWordPress記事は、下記にありますのでどうぞごらんください。

WordPress関連の記事
WordPressに纏わる記事一覧です。インストール・バックアップ、プラグインの紹介や作成、Javascriptのお話や、その他 WordPressサイトの管理方法。はたまたSEO対策まで記載しています。

前提条件

前提条件として、下記が必要です。

  • WordPressが動作するサーバへ、ターミナル(SSH等)でアクセスできること
  • WordPressが動作するサーバ上で、bashが使えること
  • WordPressが動作するサーバ上で、コマンドラインで php が動作すること

SSHでWordPress稼働サーバに接続

TeraTermなどを使って、 SSHで WordPressが稼働するサーバに接続します。

Tera Term (テラターム) プロジェクト日本語トップページ - OSDN
Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

wp-cliをダウンロード

サーバに接続した TeraTermで、 wp-cli をダウンロードします。
尚、下記の例では、ダウンロード先は、wpディレクトリです。
※ご自身で、この変は臨機応変に変更ください

mkdir ~/wp/
cd ~/wp/
curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar

動作確認

稼働するサーバで、 php がどこに入っているか確認してください。
サーバの管理者に聞くのもよしです。
パスがちゃんと通ってるのであれば、

which php

で、どこに入っているか分かります。

今回は、

/usr/local/php

にあったという前提で話を進めます。皆さんの環境に読み替えてください。

ここで、すかさず下記を実行してみてください。

/usr/local/php wp-cli.phar --info
[meduce@users wp]$ /usr/local/php wp-cli.phar --info
OS:     Linux 4.14.33-300.1.1.hl6.x86_64 #1 SMP Mon Apr 9 03:08:03 JST 2018 x86_64
Shell:  /bin/bash
PHP binary:     /usr/local/php/7.3/bin/php
PHP version:    7.3.10
php.ini used:   /usr/local/php/7.3/etc/php.ini
WP-CLI root dir:        phar://wp-cli.phar/vendor/wp-cli/wp-cli
WP-CLI vendor dir:      phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path:       /home/users/1/meduce/tmp
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 2.4.0

こんなのが出てきましたか?出てきたら成功です。
出てこない場合は、php の場所が間違ってます。
管理者なりに確認してみてください。

これが、 wp-cli のコマンドです。

/usr/local/php wp-cli.phar なんちゃらかんちゃら

とすると、「なんちゃらかんちゃら」してくれます。

ただ、これだとえらい長いので、~/.bash_profile のファイルに、下記のような1行を書いておきます。

[meduce@users008 ~]$ echo "alias wp='/usr/local/php/7.3/bin/php ~/wp/wp-cli.phar'">> ~/.bash_profile

一度、ログアウトしていただいて、またログインすれば、

wp –info

で、wp-cliのコマンドが打てるようになります。

まとめ

wp-cliのインストール方法、いかがだったでしょうか?
これで、WordPressの更新などがコマンドで叩けるようになります。
最後1個だけ、wp-cli のコマンドを紹介しておしまいにいたしますね。

ユーザのパスワードを忘れてしまった場合、wp-cliのコマンドで IDがUSER_NAME さんのパスワードを変更することができます。

wp user update USER_NAME --user_pass=marypass

その他にも、WordPressの更新やpluginのインストール・更新などがちょちょいのちょいとできます。
その点については、またご紹介していきますね。

※WordPress記事は、下記にありますのでどうぞごらんください。

WordPress関連の記事
WordPressに纏わる記事一覧です。インストール・バックアップ、プラグインの紹介や作成、Javascriptのお話や、その他 WordPressサイトの管理方法。はたまたSEO対策まで記載しています。
炭酸野郎

今日も何かを Sagasoonを運用してます。炭酸野郎です。
皆さんの「何か」が探せるべく、記事書いてます。
新卒で中堅SIerに就職→10年ちょいで退職→フリーランス→起業。副業としてのブログに目覚める(今ここ)。
時間作って、色々なことがやりたいお年頃です!

炭酸野郎をフォローする
CMS wordpress wp-cli IT
炭酸野郎をフォローする
SAGASOON

コメント

タイトルとURLをコピーしました